夫の眠る横で、身体を弄られる人妻を白石すみれさんが演じています。
夫を気にして抗う声は弱々しく、愛撫されるうちに、SEXレスだった秘部は、その指を易々と受け入れてしまいます。
清楚な顔が卑猥に歪み、夫を裏切る罪悪感と、性の歓びの狭間で葛藤しながらも、身体を仰け反らせて堕ちていきます。
感じまいとしながらも感極まってしまうという官能表現が素晴らしいです。



関連記事