ある日、仕事で赴いたお宅にて、偶然、中学時代の恩師である女教師と出会った元生徒の青年達。
当時、スレンダー美人の彼女をオカズにオナニーを繰り返していた彼らは、どうにかしてその身体を味わえないものかと考え、同窓会と偽り、自らの溜まり場に誘き寄せます。
音無かおりさんが演じる女教師は、「やめてー」という拒絶のセリフも嘘っぽく、教え子3人に簡単に股を開きます。
ムッチリとした下半身を包む黒ストが破られるシーンはとても興奮します。
3本の肉棒を積極的にしゃぶり倒し、様々な体位で責められます。
自分の家でもいっぱい可愛がられ、遂には若い肉棒の虜になってしまいます。
音無かおりさんのゆるーい抵抗と好きそうな感じが妙に色っぽくたっぷり抜けました。